環境保全の一端を担う

マンション

環境保全が叫ばれる近年、一定の環境に配慮した住宅の新築やリフォームに対して発行されるポイントを住宅エコポイントといいます。住宅の建設や改修の中で、環境保全の一端を担うことができ、さらに、それにより得たポイントが様々な形で還元されるという点もあり、環境にも人にも優しい制度です。

詳細を確認する...

期間限定の住宅向け補助金

マンション

省エネ住宅ポイントは一定の省エネ性能の基準を満たす新築の住宅やエコリフォームに対してポイントを付与する施策です。ポイントを全て有効に使うには即時交換という方法が有効です。省エネ住宅ポイント制度は期間限定の施策ですので、利用を検討する際は期限の確認も重要です。

詳細を確認する...

管理のプロ

マンション

マンション管理会社を皆さんはどうやって決定してますか。新築当初は、デベロッパーが選定した管理会社に管理を依頼されていると思いますがマンション管理会社は、住民の決定で変更は可能です。むやみに変更していたりしては管理組合の運営が旨く行きませんので、よそのマンションと比べて管理委託費が高い、担当者がころころと変わってしまい話が通じない場合や、管理委託費は安いが色々な工事を勧めてくると言った事がある場合は、他の管理会社から見積りを取ってみるのも必要かも知れません。管理会社も事務管理から設備の点検・清掃等を全て自社で行っているところは少なく他の専門業者へ依頼していますから、高くなってくるのは当然にあると思います。ただ、その個々の金額が問題となる場合が発生してきます。

マンション管理会社をリプレイスしようとすると、当然に今の管理会社は金額を下げて見積りを持ってくるかも知れません。しかし、今迄の依頼していた内容がそのままで、金額だけ下げられることに疑問を持つことでしょう。管理会社は自分の所だけはそのままの金額で、他の業者へ依頼している部分のみを減らして提示してきているだけなのです。それでは、今迄良くないと思っていた所が今以上に悪くなってしまうかも知れませんので、見積書は良く確認して下さい。また、見積書を取る場合は、管理の仕様を決めて複数の管理会社より取ることにしましょう。管理会社同士で繋がっている場合もありますので、せめて3社からを取ることをお勧めします。一番良いのは、デベロッパーの子会社でもなく、マンションを建設した子会社でもない、独立系の会社に依頼をした方が管理の内容やマンション管理会社が変わってくるかも知れません。

国産木材を使って地域振興

マンション

木材利用ポイントは誰でも条件を満たせば利用できる上に、カタログが豊富なので、自分の欲しい商品をお得に購入することが出来るかもしれません。利用方法を知っておき、機会があれば活用しましょう。

詳細を確認する...